あなたにもできる。

デザインで国際協力!

 

SDGsの本質を学びながら、

社会課題を「デザイン」で解決する。

 


本プログラムは12週間、デザインツールの使い方から、ロゴ制作、アニメーション、動画制作まで幅広いスキルをオンラインでゼロから学びます。

講義やディスカッションに加え、週ごとにグループワークを行います。


 

特別ゲストによるトピックを絞った特別講義もあり。

学ぶだけでなく実践の場として機能するコミュニティです!!
 

 

SocialCampusとは?

得られる6つのスキル

クリエイティブの力を通じて、2030年をゴールとする「持続可能な開発目標(SDGs)」を促進していきます。SDGsの基礎から実践まで、実際の活動を通じて学びます。

デザインの基礎に加え、カンボジアの子どもたちに向けたアニメーションワークショップやデザインに必要なソフトウェアの使い方、映像編集のノウハウを学びます。

柔軟なアイデアを創出するために、ユーザーや対象となる人の視点に立って考えていく「デザイン思考」のセッションを行います。


現地の方とプロジェクトを進めていくなかで、相手の言葉を「聞き」「理解し」、共に「表現」していくスキルを身につけていきます。

自分で調べ、考え、形にしていく作業を通じて、どこでも活躍できる行動力、そして社会人にとって最も大切なタイムマネージメントを身につけていきます。

このコミュニティを通して世界の様々な業種の人達との繋がりができ、就職したとしたとしても、フリーランスになったとしても、このネットワークがあなたを助けていくことになります。


 

こんなあなたへ

 

  ・いつかフリーランスになってみたいと思っている方 
  ・旅が好き!でも今後どうしようかって悩んでる
  ・いつか一回は海外で働いてみたいなと思っている人
  ・いつかは海外で働いてみたい人
  ・国際協力を仕事にしたい!という人
  ・社会問題をデザインで解決したい人
  ・デザインスキルを手に入れ就職に有利にしたい人

 

SDGsとは? 

 

SDGsは世界をよりよくするために国連が定めた17のゴールです。

 


途上国だけでなく、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。SDGsは混沌とするこれからの時代において、必ず知っておくべき価値観です。この講座ではSDGsの本質を理解し、実際の現場で生かせるスキルを学びます。


 

世界の「様々な課題」と「デザイン」を組み合わせ、具体的な解決案につなげる実践的なプログラムです。


 

 

 ソーシャルコンパスとは? 

 

 Social Compassは、社会問題をアート・デザインで解決するために、カンボジアで結成されたクリエイターの集団です。

 

ちょっとした思いつきから、世のため、人のためになるデザインが生まれ、クリエイティブを人と共有することで、「出来る」意識が広がっていく。

社会問題の解決に、オモシロい、を活かしながら、アニメーション、映像制作からワークショップ、イベント企画などをアジアを中心に展開しています。

 

ソーシャルコンパスについて詳しくはこちら

ファシリテーター/講師陣

中村 英誉

SDGsデザイナー/Social Compass代表

2004年京都造形芸術大学卒業後に単身渡英。 ロンドンC.H.A.S.Eアニメーションスタジオにてディレクター、キャラクターデザイナーとして勤務。2010年3月、東京大学内ベンチャー企業のアート・ディレクターとして米国シリコンバレーのビジネスコンテストiEXPOにて最優秀賞を取得。2014年、Social Compassを設立。2019年6月より昭和女子大学客員研究員。

森田 アキラ

Design Thinker

高校より渡米。アメリカで中小企業支援のデザイン会社設立。 現在、アジア各地を中心にコミュニティ開発やデザイン思考、マインドフルネスといった多岐にわたるワークショップやコンサルタントを行う。「人の話を聞く」という作業から人間性を重視したメディアの創造を進める活動を実施している。 The School of Slow Media設立メンバー。

志藤 大地

NPO法人LES WORLD団/世界一周経験者

「本物の体験を創る」という理念の元、ワークショップの設計、ツアーの設計などに携わっている。5年前の世界一周の経験から、4人のメンバーとNPO法人LES WORLDを創設。世界中の孤児院で子ども達とミュージカルやミュージカル映画を創るという活動をしている。


富澤 幹

Service Designer

武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業。

日本で15年以上、フリーランスやいくつかのデザイン事務所などでWEB開発・デザインに携わる。

2011年より8年間カンボジア在住。カンボジアではWEB開発と並行して美術・デザインの教育に携わる。DigiCon6カンボジア審査員・メンター。

科学と宇宙好き。

 

Jessy An

Interpreter/Art Director

カンボジア・カンダール州出身。 日本語フリースクールTAYAMA schoolを卒業後、日系企業数社で勤務。 JC Enter-Media入社後、SocialCompass(Cambodia).,co.ltd.を設立 デザイナー、ビデオクリエイター、日本語通訳。
カンボジアを拠点に映像やアニメーション、デザイン製作を行うアートディレクター。

貝塚 乃梨子

Social Designer

桜美林大学造形デザイン専修卒業。 上智大学大学院グローバルスタディーズ研究科博士前期課程修了。 地域研究修士。 2013年より平和中島財団の奨学金を得て、同国の社会科教育に関するフィールド調査に2年間従事。 その後Social Compassを設立。アートを通じた社会貢献活動を行う。 2019年6月より昭和女子大学客員研究員。